二代目経営支援

後継者の悩み・不安を一掃し、第二の創業を成功に導きます

二代目経営支援サービスの3つのメリット

「経営学の勉強会」を通じ、経営の基本を徹底的に伝授します

第三者として先代と二代目が納得し、実行できる経営戦略を策定し、先代と二代目の間にシナジーを生み出します

継続的なメンターとして二代目の日々の悩みをサポートします

二代目経営支援サービスの概要

これまで多くの20代、30代の若手経営者から、事業承継に関する様々な相談を受けてきました。共通する悩みは、親の家業を継ぐことについては、腹を決めたのだが、今までの親のやり方では、いずれ事業が萎んでしまうため、自分なりのやり方で、事業を再生し、拡大していきたいというものです。

ご相談を受けた事例のなかで、伝統工芸品の卸売業を営んで若手二代目から、次のようなご相談を受けました。
・先代は、最重要得意先の要望に徹底的に応え、人と人のつながりを大事にする経営を重視し、無理に事業拡大をしない。(その得意先は、東京で小売店舗をもち、デパートにもチャネルをもつ優良小売店で、同社の売上の60%以上も占める大得意先。)
・二代目は、日本のマーケットは縮小しており、単一の国内得意先に依存する体質ではジリ貧状態が続くため、現状を大きく変革しなければいけないという危機感をもつ。
・具体的な案として、インターネットによる消費者に対する直販、若者にもうける新製品の開発、日本の伝統工芸を海外に展開したいという熱意をもつ。
・しかし、先代は、これまで築いてきた得意先との関係を崩すことになるため、二代目のアイディアに全く聞く耳をもたず、逆に、二代目に経営権を完全に譲ることにも躊躇している。
・二代目は、熱い思いを胸にいただいているにもかかわらず、自分の経営ができないもどかしさもあり、先代に対し不満をいただき、こう着状態にある。

このような二代目のジレンマは、ほとんどのファミリービジネスで見られる状況です。二代目経営者には、創業者以上の経営力、気力が要求されるのです。創業者は何もないところからビジネスを作り上げるものですが、二代目は、自分の思い通りでないところからのスタートです。この出来上がってしまったビジネスの仕組みを変革するためには、とてつもないエネルギーと周りの協力をとりつける人間力が必要です。そして、二代目には、新しいことをはじめる以上、強い意志や創造性が不可欠です。さらに、それ以上に重要なのは、「柔軟な経営能力」であるのではないでしょうか。柔軟な経営能力は、現状を分析し、課題を把握した上で、資金・人的リソースを配分し、実行に徹することが能力です。そして、様々な人の立場から、様々な時間(時点)から、また、様々な意識上のレベルから物事を捉え、選択肢を広げ、ベストの選択を行う能力も経営能力の1つといえます。

先代と二代目が衝突する原因は、それぞれの熱い想いが先行し、会社の置かれた状況を客観的に現状を分析し、あるべき打ち手を考えることができていないことにあります。決して、どちらかが正しくて、どちらかが間違っているのではなく、それぞれこだわりがあるため、先代と二代目がシナジーを生み出せる関係を見出せていないだけなのです。このような状況を打開できるのは、経営を冷静に分析し、適切な打ち手を経営者と議論できる第三者のコンサルタントしかいません。当社は、この先代と二代目のシナジーを最大限に発揮し、企業の永続的な発展のために何ができるかを徹底的に考え、企業経営を支援してまいります。

ベンチャーインクのアプローチ
「教科書どおり」の経営を伝授します

二代目経営者として、華々しい成功を収めた経営者の一人が、星野リゾートの星野佳路社長です。星野社長の経営手腕には、二代目経営者が学ぶべきところが多くあります。老舗温泉旅館の3代目として生まれながら、徹底したマーケティングや顧客満足度の重視など、次々と斬新な手法を打ち出し、「リゾート再生」を成功に導いています。星野社長の経営哲学の基本は、「教科書通りの経営」です。星野社長は、ホテルマネジメントで有名なコーネル大学でMBAを取得された後、老舗温泉旅館の事業を承継し、若くして旅館を経営されていました。アメリカで学んだ経営の基本をそのまま忠実に実践することを強調されています。
当社では、米国のMBAで学ぶような「経営の基本」を定期的な勉強会を通じて、先代及び二代目経営者に学んでいただいています。これにより、先代と二代目との間で意識あわせができ、現状の経営を客観的な視点で再度見直していただけると期待しています。

全員参加型の経営戦略

あらたな経営戦略は、先代と二代目がともに納得した上で策定し、その実行に全力を尽くしていただけるようなものでなくてはなりません。当社が、先代と二代目とがシナジーを発揮できるような触媒となり、実行できる経営戦略の作成を行います。そして、実行段階においては、継続的なメンターとして、定期相談を通じ、経営のバックアップをしてまいります。

browsers

料金体系
二代目経営支援 経営の現状分析から、二代目が事業継承後進むべき方向性についての戦略コンサルティングを提供します。また、その後に、メンターとして定期的に経営のフォローをいたします。 ご相談の上、お見積もりを提示させていただきます