資金調達支援

日本政策金融公庫や自治体からの創業融資からの資金調達を成功に導き、創業時の加速的成長をサポート

資金調達支援サービスの3つのメリット

融資成功の可能性を最大限に引き上げます

事業計画を客観的に検証することで、ビジネスモデルを洗練されたものにすることができます

収支のバランスを可視化し、無秩序な投資や経費の支出を防ぎます

資金調達支援の概要

日本政策金融公庫や自治体からの創業融資

独立開業時の最大の悩みは、資金調達。自己資金はいくらかあるものの、理想的なスタートを切るためには、あと、数百万円もしくは数千万必要というケースが多いと思います。そのようなとき、起業家にとって、最も利用しやすい資金調達先が、「日本政策金融公庫」や「自治体」からの創業融資です。民間の銀行からの融資は、過去数年間の事業の実績に基づき判断されますので、創業時に利用できる可能性は極めて低いといわざるをえませんし、金利も公的融資に比べ高く設定されていますので、その利用は現実的ではありません。そのため、創業時においては、「日本政策金融公庫」や「自治体」からの創業融資にフォーカスして資金調達方法を検討する必要があります。
「日本政策金融公庫」や「自治体」から確実に融資を引き出すためには、以下のポイントが重要になります。特に、ビジネスモデルと事業計画書については、融資申請前に第三者による客観的な検証が不可欠です。
1) 社長のその分野における実績・経験・専門性
2) 社長の資産状況(資産・借入の状況)
3) 説得力のあるビジネスモデル
4) 数値的裏づけのある事業計画書

起業は本当に勇気がいることですし、リスクを冒して、「日本を元気にしよう」と立ち上がったその想いは、日本の宝です。しかし、経営者1人のみで、そのリスクに対峙したとき、重要なポイントを見落としたり、いらぬリスクを冒してしまい、貴重なチャンスを逃す、資金を無駄遣いしてしまうこともあります。
独立開業時には、悩んだり分からないことが多いと思います。そのような時は、その道の専門家に相談することが有効な手立てとなります。また、開業準備の期間のみならず、開業後も継続的に専門家のアドバイスを受けることは、事業継続性の観点からも不可欠です。社会には多くの資金調達専門家がいますが、ビジネスモデルの検証、経営戦略、資金繰りまでアドバイスできる専門家の集団がベンチャーインクです。

インキュベーター・ベンチャーキャピタルからの資金調達

創業間もない会社がいきなりベンチャーキャピタリストから資金調達することは、「試作製品を既にもつ起業家」、「凄腕の技術者を仲間に引き入れた起業家」、「外資戦略コンサル・投資銀行出身者」、「海外MBA保有者」等を除いて、そのハードルはかなり高いものになってしまいます。ベンチャーキャピタルは、事業拡大期の直前に入り込み、5年内に、IPOや大企業への売却によりEXITすることを通常想定していますので、創業時融資には適していません。
アイディアレベルでスタートする場合は、ビジネスコンテストで入賞を果たし、ベンチャーキャピタルやインキュベーターとのコネクションを作り、資金調達のチャンスにつなげる。もしくは、製品アイディアの具体化、ビジネスモデルの洗練、説得力ある事業計画書の作成をしてから、インキュベーターに対して、ピッチイベント・直接アポ訪問で、可能性を探るというパターンが現実的な路線であるのではないでしょうか。
創業時の資金の手当てができれば、製品・サービスの確立、顧客基盤を拡大していくことになりますが、加速的な成長を望む場合、事業拡大期におけるベンチャーキャピタルの資金・経営両面におけるサポートは、不可欠となります。インキュベーター・ベンチャーキャピタリストは、事業計画書を見る場合、以下の点に注目し、投資に値するビジネスモデルなのかどうかを吟味します。
1) ビジネスにつながる技術
2) 市場の成長性
3) 創業チームメンバー
4) 顧客基盤
5) 実行能力

以上のように、プロの投資家であるインキュベーター・ベンチャーキャピタルは、高い成長率と高い確率での成功率が期待できる事業にのみ投資します。そのため、これからの投資家から資金調達をする場合には、投資家の目線を意識した「ビジネスモデルの検証」、「事業計画書の洗練化」、「プレゼンテーションの練習」を徹底し、投資家を十分に説得できるまで準備を重ねることが大きな鍵となります。

ベンチャーインクのアプローチ
日本政策金融公庫や自治体からの創業融資

ベンチャーインクの創業融資サービスでは、以下のプロセスを通じて、創業融資成功の可能性を最大限に引き上げます。
・ビジネスモデルの客観的検証ディスカッション
・創業計画書の書き方のアドバイス
・別添付の事業計画書の作成(オプション)
・面接シミュレーション

【融資までの流れ】
(1)融資までの全体の流れについて、ご説明いたします。
(2)開始する事業の概要についてお伺いし、融資の希望額、使い道、保証人、担保人の有無等を確認します。
(3)事業アイディアをを伺い、創業計画書を作成します。
(4)必要に応じて、創業計画書をサポートする事業計画書を作成します。(オプション)
(5)申請書類提出、面談審査、開業にいたるまでのスケジュールのプランニングをします。
(6)当社にて、面談審査の練習をします。
(7)融資の審査を受けていただきます。
(8)融資の可否について通知があります。
(9)審査を通過した場合、融資金が口座へ入金されます。

インキュベーター・ベンチャーキャピタルからの資金調達

加速的成長を志向される起業家の資金調達としては、主として以下の4つが考えられます。
1) ビジネスコンテスト→ベンチャーキャピタル融資→事業拡大
2) インキュベーター→創業→製品・顧客基盤の確立→ベンチャーキャピタル融資→事業拡大
3) 日本政策金融公庫による融資→創業→製品・顧客基盤の確立→ベンチャーキャピタル融資→事業拡大
4) 自己資金→創業→製品・顧客基盤の確立→ベンチャーキャピタル融資→事業拡大

ベンチャーインクでは、いずれのパターンにおいても、創業時の資金調達からベンチャーキャピタルへのアプローチまで一貫してアドバイスさせていただいております。会計+資金+経営のアドバイスを提供し、創業から拡大期にかけて、肝となる経営課題に全力でサポートさせていただきます。

料金体系
創業資金融資サポート(簡易版) 創業計画書+収支計画+面接練習  10万円
創業資金融資サポート(プレミアム) 創業計画書+面接練習+事業計画書作成支援  20万円
インキュベーター・ベンチャーキャピタルからの資金調達 起業のステージ、事業の種類、目指すべき方向性によりアプローチが異なりますので、ご相談の上、サービスプランをご提案させていただきます ご相談の上、お見積もりをご提案させていただきます