こんなことでお悩みではないですか?使い方でお困りではないですか?

クラウド会計を導入したものの、税務申告の対応については何をしたらよいかわからない

クラウド会計を導入したいのだけども、メリット・デメリットを検討したうえで、会計ソフトを決めたい

クラウド会計を導入し、経理業務の効率化を図りたい

クラウド会計を導入したものの、トラブルを抱えてしまい、来期からは通常の会計ソフトに移行したい

クラウド会計での税務対策が十分でなかったため、税務調査でトラブルを抱えたので、何とかしてほしい

株式会社にも活用できるFreeeやマネーフォワード(moneyforward / MFクラウド)等のクラウド会計とは

これまで、会計帳簿を作成するには、インストールされた会計ソフトを起動し、会計伝票に基づき作成した仕訳データを、ハードディスクの中に保存するというのが、一般的な作業手順でした。
「クラウド会計」とは、こうした常識をガラリと変える、新しい会計処理アプリケーションの利用スタイルです。会計ソフトの代わりに、インターネットのサーバーを使って作業ができて、作成したデータもインターネット上に保存。つまり、パソコンで行っていたことを、まるごとインターネット上のクラウドにまかせてしまおう、という利用形態です。データをインターネットに保管することで、場所や端末の種類(パソコン、スマホ、タブレット端末など)を問わず、同じ情報にアクセスできる利便性が注目されています。

クラウド会計と従来の会計ソフトとの違い

クラウド会計


従来の会計ソフト


評判のクラウド会計のメリット・デメリット

クラウド会計のメリット
  • 銀行口座やクレジットカードのデータを自動で取り込むことができるため、入力の手間を大幅に削減
  • 科目などを自動振り分け機能があり、摘要欄の入力も効率的
  • ソフトのアップデータが不要で、消費税対応など、最新の法規制に対応した機能を利用することができる
  • 処理パターンについて簡単な税理士の指導があれば、経理知識のない社長でも操作できる
  • 新しいサービスであるため、今後、新たな機能の追加が期待でき、より効率的な処理が可能になる可能性が高い
  • 一般的な会計ソフト(2-3万円)+保守料金(年間約2万)と比べると、割安
  • 他のアプリとの連動性に優れている
  • ユーザ数が一定人数まで、無料(多くの会計ソフトは、複数ライセンスに課金)
  • 複数人が同時に端末を選ばずにアクセスできるため、社長が外出先から、決算の状況を常に確認することができる。
  • 画面のインターフェースがよい
  • クラウドサーバーにバックアップがあるため、データ消失リスクが低い
  • MaCでも利用できる

クラウド会計のデメリット
  • 激安ソフト(2万円以下)+保守契約に加入しない場合と比較すると若干割高
  • メール対応はあるが、電話でのサポートが受けられない(多くの会計ソフトは、保守契約加入すれば電話サポートあり)
  • 税務申告ソフトとの連携が限定的
  • 従業員の経費精算の処理は、手入力が必要なため、手入力に特化した会計ソフトに比べると操作が遅い
  • 複数の部門管理など複雑な会計処理には対応していない
  • 販売管理・在庫管理・減価償却費計算・給与計算などの機能は限定的であるため、連動性の取れない他のパッケージソフトを購入する必要がある
  • 税理士にとっては業務効率が悪いため、記帳代行をクラウド会計で請け負ってくれる税理士が少ない
  • メールアドレスとパスワードでログインできるため、セキュリティ面では不安が残る
  • 経営分析や損益分岐点分析等、出力できる帳票が限定的

よくある失敗例

“簿記の知識はあったので、クラウド会計を利用し、自力で会計帳簿を整え、決算書まで作成することができた。さらに、税務申告も自力でやろうと思ったが、難しすぎて断念。自動化されている消費税の処理は、何とかなるかなと思ったが、細かい税金の知識がないため、やはり、税理士にチェックしてもらう必要を感じた”
ケース1,
“クラウド会計の最大の利点であるデータインポートを使い、会計処理はかなり楽になったが、データさえそろっていればよいと勘違いし、領収書、請求書などは、ダンボールに束にして保管していた。しかし、税務調査を受けた際、請求書などが、クラウド会計のデータと整合性を取れる形で保管されていない点を指摘を受け、確認したところ、一部書類を紛失していたことが判明。結果、多額の経費が否認されてしまった。”
ケース2,
“クラウド会計を使ってみたものの、そもそも会計の知識がなかったため、源泉税の支払いや給与の支払の仕訳など、独学では理解しがたい処理があり、最終的に、税理士に経理処理を確認しなければならなかった。顧問税理士は、クラウド会計対応しておらず、結局、通常の会計ソフトに変更を強いられた”
ケース3,
“クラウド会計を導入してみたが、通常の会計ソフトに比べ、スピードが遅く、手入力が多い当社にとっては不向きなように感じた。銀行口座からデータを取り込む部分は業務が効率的になったものの、従来の経理体制では、全体としてスピードダウンの印象”
ケース4,

弊社のソリューション

クラウド会計を最終的に導入する、しないに関わらず、弊社は、お客様にクラウド会計の利点を最大限理解していただいた上で、お客様の事業に最も適した会計ソフトを提案させていただきます。クラウド会計を導入される場合は、貴社の組織に合わせた最も効率的な経理体制の構築を支援させていただきます。

  • 税務署対策を踏まえた書類の整備方法のご提案
  • 貴社に適した効率的なクラウド会計処理方法をご提案
  • 自計化支援
  • 定期的な遠隔サポート、仕訳の修正サポート

  • クラウド会計から会計ソフトの移行を全面サポート
  • クラウド会計使用時の問題点をまとめて解決
  • 新会計ソフトの元での体制作りのサポート

  • クラウド会計の問題点を全面的にサポート
  • 過去のデータをチェック・修正
  • 税務署対策を踏まえた書類整備方法の改善提案

弊社のサービスの特徴

1.会計ソフトを選択するコンサルティング

お客様にとって、最適な会計ソフトを選択していただくために、弊社では、業務受託前に、会計ソフト選定のコンサルティングを行っております。クラウド会計を導入してみたいと思うものの、本当に導入してコストを削減できるかを知りたい方には、中立な立場から、クラウド会計のメリット・デメリットをご説明いたします。

2.自計化するための支援

自社にリソースがあるのであれば、会計入力の部分は自社で行う自計化体制がオススメです。自計化を行うためには、仕組みづくりが必要ですが、ノウハウを持つ、弊社が最も効率的な経理体制をご提案します。

3.時間がない場合はアウトソーシングも可能

弊社では、自計化体制の構築をオススメしておりますが、中小企業の多くは、社内リソースが足りないため、経理や給与計算業務を外部に委託したほうがコストを削減できるケースがあります。弊社では、貴社に付加価値の高い業務に注力して取り組んでいただくため、経理・給与計算の受託を受けております。

4.選べるプラン

弊社では、お客様のご要望に応じて、サービスプランをお選びいただけるフレキシブルなプランと価格体系をご用意しております。クラウド会計にも対応した税務申告プランもご用意しております。

5.成長支援サービス

弊社では、会計+税務+経営コンサルティングを同時提供するコンサルティングファームとして、他の会計事務所にないお客様の成長にフォーカスしたサービスを提供しております。

6.Freee認定アドバイザー

弊社は、Freee認定アドバイザーであるため、Freeeを導入される場合は、独自のノウハウによりご支援が可能です。
クラウド会計ソフトfreeeフリー

お問い合わせ・ご相談は、まず電話・メールを!