前回の投稿から1か月以上、空いてしまいましたが、今年は、ベンチャー関係の情報を少しでも多く投稿し、ベンチャー界隈盛り上げていきたいと考えております。どうぞよろしくお願いいたします。

毎年、年末になると、主要経済雑誌を購入し、「2014年予測」とある情報を片っ端から目を通すのですが、今年は、2013年までに「既に注目されてしまったネタ」ばかりで、未来予測をする上ではあまり使えない情報ばかりであったような印象をもちました。(頭の中を整理する上では、大変役に立ちましたが)

最新情報を探されている方々にご紹介できる面白いネタがないかと探していたところ、JWTIntelligence「JWT: 100 Things to Watch in 2014 」がSlideshareに投稿されていましたので、ご紹介させていただきます。(既出かもしれませんが)

昨年12月に投稿され、すでに20万ビューを達成したこのスライド。アメリカでは、相当の多くの人が、閲覧し、新たなビジネスアイデアを巡らせているところではないでしょうか。世界のトレンドをいち早くつかむことで、グローバルベンチャーアイデアの起草ポイントになるのではないかと思います。英語で細かい説明があり、読むのが面倒かもしれませんが、スライドを眺めるだけでも楽しいですので、是非、ご一読ください。

100コすべての説明はできませんので、いくつか、詳細を書いてみますと、まず、1つ目の「3D Printer Retail Hubs」。アメリカやイギリスでは、UPS(宅配会社)や小売店(Tesco)が、3Dプリンタを店内に置き、顧客が3Dプリンタを使いセラミックの立体物を作ることができるように実験を開始しているようです。小売店は、顧客の注目をいかに集めるかがポイントですので、最新技術である3Dプリンタを小売店の店内に置くという動きは、日本の小売業でも採用されそうですね。

その他、「3. Aerial Yoga」というサーカス集団シルクドソレイユ出身の人が創設したアエリアルヨガが紹介されています。天井から垂らされた布に包まって、逆さ立ち状態でヨガをするらしいのですが、反重力フィットネスというカテゴリーの運動だそうです。数年前のホットヨガから始まり、ヨガネタは毎年新しいアイデアがでてくるので毎回興味深く見ています。

「12. Bitcoin Rivals」では、昨年から話題の仮想通貨「ビットコイン」の競合について解説があります。2014年は、仮想通貨業界も新展開を見せるということが予測されています。

本稿の最後に、2013年の「JWT: 100 Things to Watch」のスライドをリンクしておきましたので、2013年流行るといわれていたものが実際はどうであったか、見てみるのも面白いかと思います。

< アイデア100リスト>
1. 3D Printer Retail Hubs
2. 3D Printing Accessories
3. Aerial Yoga
4. African Contemporary Art
5. Algae
6. Ambient Commerce
7. Armchair Travel
8. Arrested IRL Development
9. Art Incubators
10. AwesomenessTV
11. Beacons
12. Bitcoin Rivals
13. Bitcoins Bust Out
14. Branded Real Estate Development
15. Brands Blur Gender Lines
16. Brands in Space
17. Brazil as Debutante
18. Brazilian Art
19. Breath Analysis
20. Catering to Chemical Sensitivities
21. Chinese Wines
22. The Circular Economy
23. Cocktails on Tap
24. Community-Supported Everything
25. Contemplative Computing
26. Couriers on Call
27. Craft Mocktails
28. Deconstructed Dinners
29. Delivery Wars
30. Demonizing Food Dyes
31. Digital Art
32. Digital Grieving
33. Divorce Parties
34. Drone Regulation
35. E-Cigarette Regulation
36. Edible Packaging
37. Equal Rights for Men
38. Fashion for the Space Age
39. Fast Food Tofu
40. Feel-Good Fashion
41. Glanceable UI
42. Glassware
43. Godless Congregations
44. Google Glass Etiquette
45. Hacking’s New Frontier
46. Haptic Technology
47. Hashtag Fatigue
48. Heads-Up Movement
49. Homemade Baby Food Delivery
50. Human Touches
51. Infused Ice Cubes
52. Internet Safety Nets
53. Jumia
54. Kid-Bots
55. Live Broadcasts
56. Makeup Salons
57. The Marijuana Market
58. mEmployment
59. Messaging Apps as Retail Channel
60. Metadata
61. Mindfulness in Classrooms
62. Minimoons
63. Minute to Read It
64. Needle-Free Vaccines
65. Oculus Rift
66. OTT TV
67. Photoshop for All
68. Podcast One
69. Privacy by Design
70. Privacy Marketplace
71. Regional Ethnic Cuisine
72. Robotic Security Guards
73. Role-Playing Adventures
74. Savory Yogurt
75. Seamless Payments
76. Semiautonomous Cars
77. Sensory Literacy as Core Curriculum
78. Sight-Running
79. Smart Vending Machines
80. Snail Slime
81. The Social Divide
82. Sochi’s Third Coming
83. Soju
84. Speaking Visually
85. Sports Mashups
86. Stealth Health
87. Survival of the Focused
88. Tablet-First TV
89. Techno-Paranoia
90. Telediagnostics
91. Telepresence Robots
92. Traditional Folk Clothing
93. Ugly Produce
94. Unconventional Models
95. Vaping Lounges
96. Vegetable Co-Stars
97. Verified Reviewers
98. Virtual Stickers Come to Life
99. Xbox Programming
100. Xiaomi